1. HOME
  2. 会社案内
  3. サンエイの歴史

COMPANY

会社案内

サンエイの歴史

創業から現在。そして未来へ。

創業 Foundation

1973年(昭和48年)諫早市で三栄商事として創業。
文具から始まり、オフィス家具、コピー機を販売する。また、1980年頃顧客からの要望によりコインロッカー・ゴルフ場ロッカーのアルファロッカーシステム(当時の国産金属工業)の取扱いを始め、フィットネスクラブ・県内外のゴルフ場などに納入をはじめる。

変革 Change

1989年(平成元年)株式会社サンエイに改組。
平成に入り、官公庁では他社との競争が激化し、安く粗悪なものが氾濫する時代になる。しかし、当社の方針の「こういう時代だからこそ、安いだけのものではなく質の良い商品を買ってもらおう」との考えと、稲盛和夫氏からの「その考えが正しい!」との言葉を頂き、それを信じ、現在も継続させている。
そして、各業界No.1のオカムラ(オフィス家具・建材)富士ゼロックス(コピー機)との取引を開始し、「良いものを買ってもらう」との気持ちを強めると共に、コピー機やその他の機械類(コインロッカー・アマノ駐車場システム・理想科学工業印刷機等)を自社でメンテナンスすることにより、より一層顧客に寄り添う会社を目指す。
また、当社は官公庁(特に学校)に出入りすることが多く、その学校に関わる商材として、特別教室美品・フローリング・体育機器・ステンレスプール等を取扱い始め、それぞれ業界No.1のダルトン、三洋工業九州システム、セノー、日本アルミ(現UACJ金属加工)との取引を開始すると共にオカムラのスライディングウォールの販売を機に建設業の許可を取得。現在では、1級建築士1名、2級建築施工管理技士1名が在籍している。

未来へ Future

2019年(令和元年)医療用吊り戸の製造や米国スチールケース社の正規輸入代理店であり、吊り戸では圧倒的シェアを誇るメーカーとの取引を開始。また、「働き方改革」「人手不足」等に困ってい顧客に対応するため、「RE OFFICE」をキーワードにオフィス・リニューアル事業に着手。
今後は、「もの売り」ではなく「こと売り」として、オフィスをトータルで提案・サポートできる存在になれる姿を目指していく。